生活保護でもキャッシングは利用できる?

キャッシングベスト3

生活保護にあってもキャッシングは利用できる?

現在、無職となってしまったので生活保護を受けています。無収入でも借りられるところがあったので利用しようと考えているのですが、そもそも生活保護受給者というのは借金の類ができるのでしょうか?

借金そのものは可能です

あまり知られていませんが、生活保護受給者であってもローンの利用は可能です。実際に、ネットで「生活保護 キャッシング」などで調べてみると、多くの情報がでてきますし金融業者によっては、そのような立場の人を相手に営業をされているケースまであります。これといって、生活保護の申請以降でキャッシングがまったくできなくなるというものではありませんので、その点については安心していただいても問題ありません。

ただ、生活保護でもキャッシングは利用可能なのですが、次のような点に理解をしておかないと損をします。まず、生活保護受給者となってからの借金は「現金収入」という扱いになります。なので、借金分については生活保護費から引き下げられるようになっております。つまり、借金をするようになったから生活保護費を上乗せして欲しいという願いは、通らないようになっているのです。

借金の仕方によっては、そのような願いが通るというものでもありません。それと、借金そのものもかなり低いです。金利についても金額が低いのでサービスはしてもらえません。つまり、これから生活保護を終了させ就職されるのであれば、多少生活がきつかったとしても借金は現金収入を得られるようになってからが望ましいのです。安易に借りられるという気持ちで、利用するのはリスクばかりが増大するようになるでしょう。

生活保護受給者でもキャッシングでの借入れは可能か

生活保護を受給している方でも、キャッシングが利用できるかどうかというポイントは、その金融機関により大きく異なります。この保護費を受給されている方の場合は、キャッシングの利用の前に基本的なポイントを把握しておくことが大切です。一般的には、このようなケースに該当する方の場合は、キャッシングで融資を受ける際に正当な理由があるかどうかが融資の可否に影響してきます。その為、各金融機関で異なる融資条件を詳しく調べ、自治体の担当のケースワーカーの方などに相談してみることで、融資を受ける事ができるようになることが多くあるのです。

キャッシングはその使途が問われる事が無い多目的ローンであるために、非常に便利なサービスです。又、担保や保証人が不要であるという点に加え、素早く対応してくれるので、短時間で融資を受ける事が可能になります。又、この保護費を受給している方に加え、専業主婦の方や学生、個人事業主の方の事業資金に対応しているビジネスローンタイプの融資などもあり、その用途は多様化しているのです。その為、小額の融資を希望している方の場合は、最適なサービスとなっています。

生活保護を受給している方の場合は、通常の融資の申込みよりも審査などに時間を要する事がありますが、一定の審査基準を満たすことで借入れ自体は可能な事が多くなりますので、社会福祉を担当するケースワーカーなどに相談して、幾つかの金融機関が提供するこの保護費を受給している方に特化した制度などを利用する事も効果的な手段となります。基本的に、これらのサービスを利用して融資を受けた場合は、返済は保護費からの支払いとなりますので、無理なく返済する事は可能です。

そして、この融資を提供する金融機関を選ぶポイントとしては、審査基準が緩和されていても違法な業者からの融資は受けない事が大切で、この保護費を受給していても法的に問題が無い業者やサービスを選んで利用することが大切になります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2014 【無職でも借り入れ!?】審査が心配な人の為の金融会社紹介 All Rights Reserved.