ローンの際に車を担保とするカードローンは?

担保ありの状態であれば、ローンについては有利になれるという話を聞きました。実際に、そのようなローンの際に車を担保とするカードローンなどはあるのでしょうか?あまりこのようなローンについては聞きなれないので、わかりやすく解説をしていただけると助かります。

オートローンが該当となります

自動車を担保とするローンは多く御座いません。最近では、「保証人をつける」というのが一般的とされております。そして、自動車を担保とするローンについてですが、今回の話をまとめると「オートローン」のことを言っているのだと思います。

オートローンは、自動車購入サービスでありローンの一種です。また、オートローンを利用すると「総量規制対象」から外れるようにもなっていることが多いので、借りられる金額が大きくなるのは確かです。総量規制とは、4分の1であったり3分の1であったり、年収を軸にして借りられる金額を決めるという制度です。なので、総量規制がかかっているカードローンについては、年収によっては100万円までしか借りられないことが多いものです。

次に、オートローンのメリットについても話をしておきますが、もしローンの支払が不可能となっても自動車を担保としてあるので、その分が差し引かれて再計算されるようになっている点です。場合によっては、その時点で精算となりますので安全にローンが組めるのは確かですし、なによりも従来のカードローンとは違い金利が低いのもの特徴です。人にもよりますが、オートローンであれば200万円以上でもローンが可能となっています。ただ、担保そのものを途中で無担保にするというのは基本的には不可となっています。

自動車を担保にしてローンを組む際の注意事項

車を担保にしたキャッシングは一般的な融資の形態です。このローンは正統性のあるもので、法的にも問題は無い貸付の形態となっています。基本的に、このような形で借り入れをするのは、個人向けの融資であるカードローンやキャッシングなどが利用できない場合です。現在は、様々な金融機関が保証なしで融資を提供していますので、マイカーなどの保証を必要とする貸付けの場合は、その融資を申し込む方に一定の条件がつく形となります。

一般的に、マイカーなどは価値の変動が不安定な品であり、保証というものに利用するには不向きなものなのです。しかしながら、特定の金融機関の貸し出しでは、マイカーを保証として取る事があります。これには理由があり、貸し出の対象となる方が、過去に金融事故などを起こした経験があり、与信のない場合で、通常の貸し出しが困難になるケースなのです。この与信のない方の場合は、通常の金融機関でお金を借りる事が困難であり、万が一過去に破産した経験がある場合には、通常のローンを組む事は非常に難しくなります。このような状況から融資を受けても返済できない可能性が高くなる為に、業者は物品を保証として確保しているのです。

このマイカーを保証としてお金を借りるというサービスは、保証に取られる車の価値について査定をするのは金融機関側であるというポイントを把握しておく必要があります。この査定を正確に判定するのは困難で、判断基準は不明瞭になる事も多いために、マイカーの価値が過小評価されてしまう事も頻繁にあるのです。このサービスで借入できる金額は、所有している車の価値で決まりますので、万が一支払いができず保証を回収されてしまうような場合には、割に合わないローンを組んでいる事を事前に把握しておく必要があります。その為、このマイカーのローンのサービスを利用する際には、予めこれらのポイントを明確に理解しておき、有効に活用する事が重要になります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 【無職でも借り入れ!?】審査が心配な人の為の金融会社紹介 All Rights Reserved.