銀行ローンのデメリットを教えて欲しいです

銀行ローンを考えているのですが、デメリットについてはどのようになっているのでしょうか?また、サラリーマン金融と比較すると銀行のほうがよかったりするのでしょうか?今まで利用してきた銀行でカードローンを考えているので、そのような案内についても行っていただきたいです。

銀行ローンのデメリットは少ないと判断して良いです

銀行ローンのメリットを元にして、デメリットについての案内を行っていきます。銀行ローンのメリットは、なんといっても金利が低い点です。ですが、デメリットとして借りられる金額が少ないのが目立ちます。ですが、銀行は長く利用されている人であれば、増額融資についても検討してくれるようになっておりますので、ずっと借りられる金額が少ないというケースは稀です。

次に、銀行ローンのメリットには審査が早いという点があります。ですが、こちらについてもデメリットはあり、場合によっては審査が厳しい金融業者が混じってくることもあるので、安易にどこでも同じとなっているわけではありません。なので、審査の安定度と借りられる金額が初回で多いところを選びたいのであれば、サラリーマン金融のほうがメリットが多いと思っておいてよいです。

しかし、今回の質問者様のケースでは、「銀行で利用されているものがある」というご意見がありました。今回のようなケースでは、その利用されている銀行であれば審査の期間であり安定度というのは高いでしょう。すでに利用実績(貯金など)があるような銀行だと、かなり審査については甘いケースが多いです。それと、そのようなケースであれば相談次第で最初から借入額を多くするのも可能となります。

銀行ローンとしてのキャッシングのデメリットとは

銀行ローンの一つとしてキャッシングがあります。他の金融機関で借りるよりも銀行ローンとしてのキャッシングのほうが良いという人もいるようです。その理由は、金利が低いと言うことと、総量規制が適用されないために限度額を大きくできると言うことの二つが大きな理由だと言えるでしょう。しかし、メリットばかりではなくてデメリットもあるという事を知っておく必要はあるでしょう。

具体的にはどのようなデメリットがあるのかというと、もっとも大きなものが審査の厳しさだと考えられます。消費者金融やクレジットカード会社などもキャッシングのサービスを提供していますが、これらと比べると審査は厳しいという傾向があるのが銀行なのです。

審査が厳しいと、申込をしても審査に落ちて借入をすることができない場合もあります。これが困るという人もいるでしょう。急いでいる人にとっては、審査に落ちている時間がないと言うこともあり得ることなのです。ですから、特に急いでいる人の場合には適していないと考えられます。急いでいるのなら審査に通りやすい消費者金融に申込をした方が良いと考えられるのです。

銀行は限度額を大きくしやすいと言われることがあるのですが、これはあくまでも法律上の問題だということを把握しておく必要はあります。銀行には貸金業法が適用されず、そのために総量規制による限度額の制限はありません。ですから、法律上は消費者金融やクレジットカード会社のような貸金業者と比べると、限度額を大きくできるという傾向はあると言えるでしょう。

しかしながら、実際の限度額は審査で決まると言うことも知っておく必要があります。ですから、審査が厳しければ借入限度額も小さくなると言う傾向はあると言えるのです。銀行ならたくさん借りることができると決まっているわけではありません。銀行が独自に定めている審査によって決まりますから、限度額によるメリットはそれほど大きくはないと考えられるのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 【無職でも借り入れ!?】審査が心配な人の為の金融会社紹介 All Rights Reserved.