キャッシングの残高照会はどこからするのか?

キャッシングの残高照会というものがサービスに導入されているそうですが、具体的にはどのようにしてキャッシングの残高照会を行うのでしょうか?また、他に操作できるようなものはありますか?

ネットを利用するのが一般的です

今では、ネット利用によりキャッシングの残高照会が可能になっています。また、業者のほうから「残高照会できます」と言われているのであれば、契約書などにはアカウントのIDなどが記載されているはずです。もしくは、ネットなどで申し込みをされているのであれば、アカウントやパスワードについてはメールで通知されているでしょう。

こちらを用いてネットからで、公式サイトのマイページにログインします。公式サイトにはログインと書かれているボタンやリンクが貼られていますが、そちらをクリックすると入力ページというのが出てきます。後は、申請の際に記入をしたアカウントID・パスワードを入力し、再度ログインボタンをクリックしましょう。これで、残高照会が出来るページにログインとなりますので、後は「マイメニューの残高照会」などをクリックして確認となります。

また、キャッシングの残高照会についてはネットだけで行えるわけではありません。請求書(利用内訳が記載されているもの)が毎月で郵送されてくるかと思いますが、そちらにもキャッシングという項目があるかと思います。また、こちらに記載されている金額が「ご利用可能分」となりますので、こちらからでも残高照会はできるのです。また、これらの作業が面倒な場合は電話にて質問をしても教えていただけるようになっています。

キャッシングの残高照会はこまめに行っておこう

キャッシングを利用するときには残高照会を行うことも必要となってきますが、このときにはこまめに行っておいたほうが良いでしょう。常に把握しておくというように心がけておくのが良いのです。

キャッシングを利用することのデメリットは、支払っていかなければならない利息の金額が、思っている以上に高いことではないでしょうか。例えば、金利が12%であれば、これは1年間に対する利息ですから、1ヶ月当たりに換算すればだいたい1%です。消費税が3%上がると言うことで騒いでいるくらいなのですから、1%という水準がどれくらい大きいものなのかはすぐに分かるでしょう。そんなわけですから、金利は高いと考えておかなければなりません。

1%という月利がどれくらいすごいものなのかというと、例えば100万円を借り入れていれば、毎月利払いだけで1万円を支払っていかなければならないのです。毎月2万円ずつ返済していこうと思っていても、2万円を返済したつもりでも、うち1万円は利払いに回され、翌月は99万円の残高にしかなりません。

金利が高いわけですが、これは借りたお金に対してかかると言うよりも、残高に応じてかかってくると考えておくべきでしょう。ですから、残高がある限りは、常に利息が発生しているということを認識しておかなければなりません。キャッシングのサービスによっては利息だけ支払っておけば良いということもあるようですが、利息だけ支払うと言うことは、毎月残高が変わらないことを意味しますから、永遠に利息だけを支払っていかなければならないのです。

ですから、残高を減らしていくことを常に考えていかなければなりません。そのために何が必要なのかということを頭に入れておかなければならないでしょう。余裕があるときにはできるだけ繰り上げ返済を活用して残高を減らしていくことを考えなければならないのですが、そのためにはやはり残高がどれくらいあるのか把握しておくことは必要です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 【無職でも借り入れ!?】審査が心配な人の為の金融会社紹介 All Rights Reserved.